モットンはぎっくり腰の腰痛にも改善効果はある?
ある日突然やってくるぎっくり腰。 一度なってしまうと癖になってしまうのか、何度も繰り返してぎっくり腰になってしまいます。 ぎっくり腰の痛みがおさまるまでも辛いですが、いつなるのかとビクビクするのも嫌ですよね。 そんなぎっくり腰はモットンで改善するのでしょうか。 腰痛の改善を期待できるモットンですから、ぎっくり腰にも効果があっても良さそうですよね。 ここではモットンがぎっくり腰にどれくらい効果があるのかについて紹介します。 ぎっくり腰の原因と対処方法 ぎっくり腰は腰椎が瞬間的にズレてしまいますが、次の瞬間には元に戻っている疾患です。 ですので病院に行ってレントゲンを撮っても異常がありません。 骨に異常はないものの筋肉や筋が無理に動かされるため炎症を起こして痛みが発生します。 そのため、ぎっくり腰になったら、とりあえず炎症がおさまるまで横になって休むしかありません。 いつまでも寝ていたのでは回復が遅れるそうですので、少し動けるようになったら日常生活に戻るようにしてください。 ぎっくり腰になってしまったら、そこからはもう体の回復力を期待するしかありませんが、そこで重要になるのが、快適な睡眠をしっかりと取ることにあります。 人間の体は疲労も炎症も寝ている間に大きく回復します。   モットンは生理学的に正しい姿勢で眠ることができますので、炎症による痛みを最小限に抑えることができます。 柔らかすぎたり硬すぎたりするマットレスや布団よりも、睡眠による回復を期待できます。   モットンがぎっくり腰に最適なのは予防効果 ぎっくり腰になるのにはいくつもの理由があるのですが、下記の3つの理由が多く見られます。 突然の過負荷によるぎっくり腰 筋肉疲労によるぎっくり腰 骨格の歪みによるぎっくり腰 どれか一つだけが原因ではなく、複数の要素が絡み合うこともあります。 例えば筋肉疲労があるときに重いものを持つと、ぎっくり腰の可能性が高くなります。   長時間の立ち仕事の後などもぎっくり腰になりやすい状態です。 同じ筋肉ばかりを使ってしまうので、筋肉疲労になりやすいためです。 骨格が歪んでいる場合は、左右バランスが悪くなり片側の筋肉ばかりが疲労してしまいがちです。そこに思わぬ力がかかるとぎっくり腰になるのです。   反対にぎっくり腰になりにくい状態というのは、筋肉が十分に休めているときです。 筋肉が十分に休めているのは、しっかりとした睡眠を取れているときですから、モットンを使ってきちんと眠れているときはぎっくり腰になりにくい状態というわけです。   モットンはぎっくり腰になった後にも効果的ですが、ぎっくり腰にならないための予防に適しているマットレスになります。   ぎっくり腰が癖になっている人にモットンはおすすめです もしぎっくり腰が癖になっている人がいれば、モットンを試してください。 一人の意見では納得できない方はこちらのページも参考にしてください。 モットン口コミ15人の体験談   おそらく現在の寝具では十分な睡眠を取れていない可能性があります。 モットンを利用して、深い眠りと適切な寝返りを促すことで、腰の筋肉の疲労が取れやすくなります。   筋肉疲労になっているということは、その筋肉がしっかり休むことができれば、筋力のついた良い筋肉になっている可能性もあります。 「災い転じて福となす」ではありませんが、疲労さえ抜ければ、体は万全の状態になるのです。   モットンで寝て、朝起きてこれまでにない腰の軽さを感じられるようであれば、そこからぎっくり腰が再発する可能性は少なくなります。 もちろんモットンが合わない人もいますので、その場合は試用期間で返品すれば、無駄な出費にはなりません。   腰に不安がある人はぜひモットンを試してみしましょう。

モットンは脊椎管狭窄症の腰痛にも改善効果はある?
高齢になって腰痛を感じるようになった。 このようなケースの多くは脊椎管狭窄症の可能性があります。 この脊椎管狭窄症による腰の痛みもつらいですよね。 できることなら早く治したい脊椎管狭窄症ですが、モットンを使用することで脊椎管狭窄症は治るのでしょうか。 脊椎管狭窄症に対してモットンができること、できないことについてここでは紹介します。 脊椎管狭窄症で悩んでいる人はぜひ確認してください。 脊椎管狭窄症はモットンで改善されるのか 脊椎管狭窄症の治療方法には2種類の治療方法があります。 1つ目の方法は、現状から症状を悪化させないように保ちながら、薬やコルセットなどで痛みを小さくする方法です。 この場合は根本的に脊椎管狭窄症の治療にはなりません。 脊椎管狭窄症は背骨や椎間板によって脊椎管が圧迫されている状態ですので、背骨や椎間板が元に位置に戻らなければ、本当の意味で治ったとは言えません。 これを治すには2つ目の治療方法として手術をすることになります。 手術を行えばほとんどのケースで回復しますが、そもそも老化により体が弱っている場合は、手術をしてもまた再発するケースも多くなります。 それならば、現状よりも悪くさせずに、痛みをゆっくりと取り除くこができるほうがいいですよね。 モットンはそのための寝具として効果的な寝具になります。 脊椎管狭窄症の痛みをモットンでやわらげる 脊椎管狭窄症は自らの体重を腹筋や背筋で支えられずに、上半身の体重が背骨にかかってしまうことによって発生します。 筋力が低下して、背骨に上から力がかかります。 背骨はそもそもS字の形状になっていますので、体重がかかるとさらにS字が大きくなり、背骨や椎間板が変形します。 ということは、基本的には地面に立っていなければ、脊椎管狭窄症の症状は出ないということになります。 モットンに限らず寝てさえいれば脊椎管狭窄症の腰痛を緩和することができます。 しかもモットンで寝ることで、つねに正しい姿勢を取りやすい状態になります。 脊椎管が圧迫されることもなく、痛みを感じずに寝返りなどをうつこともできます。 脊椎管が開放されますので血の流れも良くなります。 低反発マットレスを使うと、体が正しい姿勢をとって眠ることが難しくなりますが、モットンであれば、正しい姿勢の睡眠、快適な睡眠を期待することができます。 脊椎管狭窄症は早期の対応が重要 脊椎管狭窄症は軽度であれば、それ以上の悪化しないようにすれば自然に治ることもあります。 重度になると自然に治ることは難しくなります。 腰に違和感を感じたときは、まずはすぐにお医者さんに相談してみましょう。 この時点で脊椎管狭窄症と判断された場合は、治療に取り組むことになりますが、もし現在柔らかい布団を使っているようであれば、モットンに変えてみることをおすすめします。 これ以上悪化させないためには、睡眠中の姿勢も重要になります。 ただし、モットンが絶対に良いというわけではなく、ケースバイケースで変わってきますので、もしモットンにしても快適な睡眠を得られないときは、他の寝具に変えるという判断も必要になります。 その点でモットンは返金保証期間が用意されていますので、「まずは試してみる」ことが可能になりますので、買って損をしたということにはなりませんので、脊椎管狭窄症と診断されたときは、早い段階でモットンを試してみてください。

モットンとエアウィーヴ迷ったらどっちを買うのがいい?
高機能マットレスといえば、エアウィーヴを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。エアウェーブは有名なスポーツ選手が利用していること、テレビCMなどを流していることで高い知名度のあるマットレスになります。ただし知名度と性能の高さは必ずしも一致しません。   モットンとエアウィーヴで迷ったとき、どちらを選ぶべきか。そんな悩みに対するひとつの答えを紹介します。   モットンとエアウィーヴの違い モットンとエアウィーヴのどちらも、最適な寝返り環境を提供することで腰痛だけでなく体をより良い状態にすることを目的としています。   その最適な寝返り環境を作るのに、モットンは安価なウレタンフォームを使用し、エアウェーブは高級なエアファイバーを使用しています。   ウレタンフォームと比べてエアファイバーのほうが、反発力が高い傾向にあり、エアウィーヴのほうが、マットレスの厚みを薄くすることが可能になります。   モットンとエアウィーヴはどちらも寿命は10年前後になりますので、得られる眠りの質と、その持続性という意味ではモットンもエアウィーヴもそれほど変わりません。   ただし価格面で見たときにエアウィーヴはモットンよりも遥かに高いものになります。   モットンとエアウィーヴの価格の違い エアウィーヴは高級マットレスの中でもさらに高価格帯のマットレスになります。モットンとエアウィーヴの価格は次のようになります。   モットン シングル:39,800円(税込) エアウィーヴ ベッドマットレス スリムタイプ シングル:116,640円(税込) エアウィーヴ マットレスパッド シングル:75,600円(税込) エアウィーヴ 敷き布団 四季布団:89,640円(税込)   エアウィーヴはマットレスタイプと、マットレスの上に敷くタイプ、そして敷布団タイプがありますが、どれもモットンよりも高額になることがわかります。   同じ効果で、同じ期間使用できるのにこの価格差を考えると、誰もがモットンを選びそうですが、実際にはエアウィーヴを選ぶ人も少なくありません。   エアウィーヴを選ぶ理由 それではエアウィーヴを選ぶ理由について次に紹介します。   エアウィーヴは有名なので安心できる エアウィーヴは種類が多いので最適なマットレスを選べる   この2点がエアウィーヴを選ぶ理由の大きな要因になります。テレビの影響は大きく、有名人が使っているとなると自分も使いたくなりますよね。   エアウィーヴを使っているのは誰かに自慢したくなりますが、それよりも安いモットンを選ぶと「お金がなくてエアウィーヴを買えない人」のようなイメージがあり、ちょっとだけ肩身の狭い思いをすることになります。   そしてエアウィーヴの最大の特徴はそのラインナップの多さにあります。マットレス、マットレスパッド、敷布団だけではなく、掛け布団も枕もなんでも揃います。ポータブルタイプもありオプションも充実しています。   この選択肢の多さ、至れり尽くせりな状態がエアウィーヴの人気の理由になります。   モットンとエアウィーヴ迷ったらどっちを買う? モットンとエアウィーヴ、どちらかで悩んだときに、その悩みの理由をよく考えることにしましょう。悩む理由がブランド力の差であるなら、エアウィーヴを選んだほうが満足度は高まります。   ブランド力は問わない場合でも、フローリングに直置きしたいような場合は、通気性が優れているエアウィーヴの敷布団を選ぶといいでしょう。簡単に折りたたんで収納でき、しかも蒸れにくいため、この場合だけはエアウィーヴが有利です。   それ以外の理由で悩んでいる場合は、機能面がそれほど変わらず、しかもコストパフォーマンスの高いモットンがおすすめになります。

モットンはすぐへたる?耐久性はどうなの?
  高機能であることをアピールしている布団でも、1年もしないうちにへたって買い換えることになったという話を聞くことがあります。もしかしてモットンもそういう布団だったらどうしよう?そんな不安があるかもしれません。   実際のところモットンの耐久性はどれくらいあるのでしょうか。ここではモットンの耐久性と寿命について見ていきましょう。   モットンの耐久性はどれくらいある? 一般的な敷布団で寿命は3〜5年と言われています。「うちの布団10年使っているけど・・・」という人もいますが、もちろん5年以上使っても、溶け出したり割れたりするものではありませんので、何年でも使うことはできます。   ただ、冬場に布団がちょっと寒いなと感じたら、それはもう布団の寿命です。   それではモットンはどれくらい持つのか。モットンの寿命は10年程度と言われています。ウレタンフォームで汗などを吸い込まない分、布団よりも長持ちします。   8万回の寝返り相当の力をかけたところ、3.9%しか歪んでいません。これは約11年分の寝返り回数に相当するそうです。同じ実験を木綿の布団で行うと、29.5%も歪みます。   それぞれ何%歪んだから効果がなくなるかは違いますが、モットンが圧倒的に長持ちすることは間違いありません。   モットンの耐久性が高い理由 それではなぜモットンの耐久性が高くなるのでしょう。同じ高反発マットレスでも寿命が極端に短いものもありますが、モットンは10年近く使うことができます。   長持ちする高反発マットレスと、そうでない高反発マットレスの違いは「密度」にあります。一般的に密度が25〜30あれば5〜10年使用できると言われています。これに対してモットンは30ありますので、多少の重量がかかっても反発力でもとに戻るのです。   世の中には激安で1万円以下の購入できる高反発マットレスもありますが、それらの密度は15以下になり、1ヶ月程度でヘタってしまいます。反対に50以上あると30年は使えるそうですが、値段も上がり、あきらかにオーバースペックですよね。   モットンはほどほどの値段で、ほどほどの密度を兼ね備えている、とてもバランスの良い高反発マットレスだということがわかります。   モットンを長持ちさせるためのポイント   10年間も使えるモットンですが、それはきちんとメンテナンスをすることが前提になります。フローリングに直置きするときは、夏場は床面に水分が溜まりやすくなりますので、万年床にしないで、こまめな陰干しが必要になります。   陰干しをすることで、睡眠中についた凹みグセなどを回復させることもできます。面倒でもこのようなメンテナンスをしっかり行えるかどうかで、モットンの寿命が大きく変わってきます。   モットンのカバーも定期的に洗濯し、数年に1度は買い換えるようにしましょう。モットンそのものは耐久性があるのですが、カバーはただの布です。汗などを吸いやすく、毎日使うことで擦れて薄くなったりもします。   カバーは市販の布団カバーが使えますので、洗濯のことも考えて2セット用意しておくとカバーの消耗を防ぐことも可能になります。

モットンを使っても腰痛が治らない人のパターンとは?
  モットンを使ったら腰痛が治ったという人もいれば、腰痛がまったく改善されないという人もいます。どうして同じ腰痛でも効果がある人とそうでない人がいるのでしょう?どのような人が、モットンで腰痛が改善されないというのか、その特徴をまとめてみました。   試用期間が1ヶ月程度と短すぎるケース 最も多いケースがこれにあたります。インターネットなどを見ていると、1日寝ただけで効果を感じられたというような大げさな書き込みがときどき見られるのですが、基本的にモットンは長期間の仕様でその効果が現れるとしています。   実際のところ、モットンは90日間のお試し期間を設けています。   なぜ90日も用意しているかというと、人によってはモットンの効果を感じることができるまでに2ヶ月程度の期間がかかる場合があるためです。すぐに結果が出るものなら、お試し期間は1ヶ月でいいはずですが、モットンは約3ヶ月もの猶予があります。   それくらい体に馴染むのに時間が掛かるものなのです。ところがインターネットに掲載されているレポートだけを読み、すぐに改善しない自分の状況が不安になって、「私はモットンでは腰痛は治らなかった」となってしまうケースが多いようです。   自分の体重に合っていないタイプを使用しているケース こちらもよくあるケースですが、子どもからモットンをプレゼントされたけど、マットレスの硬さが自分の体重に合っていないと、モットンはその効果を発揮することができません。   体重が45kg以下なのに140Nや170Nのタイプを使うと、モットンが体になじまずに、快適な眠りにつくことができなくなります。逆に80kg以上の体重がある人が100Nを使うと柔らかすぎるわけです。   モットンは自分の体重にあったものを選ぶようにしてください。プレゼントする場合は、使用する人の体重を確認してからあげるようにしてください。   腰痛の原因が布団以外にあるケース モットンは適切な寝返り回数を促すための布団であって、魔法の布団というわけではありません。どんな病気もこの布団で寝ればすぐに治るとアピールしていれば問題ですが、公式サイトを見ても、きちんと寝返り回数を正常化させることをアピールしています。   ということは、これまで使っていた布団に何の問題もなく、寝返りの回数も適正だったけど他の理由で腰痛を抱えている人には効果が出ないということになります。ただし返金保証期間内であれば配送手数料のみ実費で1回だけ交換可能ですので、合わなかったときには交換してもらいましょう。   腰痛になる原因のメジャーなものを上げると下記のようになります。   筋肉疲労、筋力低下による腰痛 姿勢の悪さによる腰痛 骨の老化による腰痛 内蔵などの病気による腰痛   筋肉疲労や筋力低下などにはモットンは効果がありますが、姿勢の悪さは根本を直さなくては改善しませんし、骨の老化は発覚してからでは手遅れになっているケースがほとんどです。そして内蔵などの病気は、病気のそのものを治す必要があります。   モットンで腰痛が改善されないときは 上記の例で、モットンで腰痛が改善されないような場合、実は深刻な問題を抱えている可能性があります。腰に負担がかからない状態で寝ているにも関わらず、腰痛が改善されない。2ヶ月以上試用してもまったく改善されない。   そんなときは一度病院で診てもらうようにしてください。   もちろん何もなく、ただモットンとの相性が悪かっただけという事もありえます。それでも起きるのもつらいような痛みの場合は、その原因を知っておく必要がありますよね。念のため、お医者さんに相談してください。

モットンは坐骨神経痛にも改善効果はある?
モットンは腰痛に効果があると言われていますが、坐骨神経痛への効果は期待できるのでしょうか。 坐骨神経痛には高反発マットレスが効果的だという人もいますので、高反発マットレスのモットンもその効果が期待できそうですよね。 ここではモットンと坐骨神経痛の関係について、本当に改善効果を期待できるのか、もしそうならどのような理由で改善効果を期待できるのかについて紹介します。   坐骨神経痛の原因が腰痛にあるならモットンの効果が期待できる [callout name='八木 仁平' msg='吹き出しをつくることができます。'] 坐骨神経痛の原因の多くが腰痛からくるものですが、実はそれだけでなく感染症や精神的な要因で坐骨神経痛になることもあります。   もし坐骨神経痛の原因が腰痛にあるなら、その痛みはモットンで改善するかもしれません。 腰椎椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症といった疾患が、坐骨神経痛を引き起こすことが多いのですが、この腰のトラブルはモットンによって治すことはできませんが、痛みを緩和することはできます。 少なくとも寝ているときは腰椎に不自然な力がかからないため、睡眠中に神経が圧迫される可能性がほとんどありません。 神経が圧迫されなければ、坐骨神経痛も発生しませんので、寝ている間は坐骨神経痛の痛みから抜け出すことができるわけです。 四六時中痛みと向き合わなくてはいけないのと、少なくとも横になれば痛みから開放されるのでは気持ちがまったく変わってきます。 坐骨神経痛の痛みの症状が出ればモットンの上で仰向けになって休めばいいのですから、対処方法があるだけずいぶんと気持ちが楽になります。   坐骨神経痛はまずお医者さんに相談する お尻から足にかけて、ピリピリした痛みが続くようですと、それは坐骨神経痛の可能性があります。 そうなったらすぐにモットンを購入といきたいところですが、まずはお医者さんに相談し、本当に坐骨神経痛であることを確認しましょう。 そして坐骨神経痛の原因がどこにあるのかを診てもらいましょう。 腰に原因がない場合は、モットンを購入しても無駄になってしまうこともあります。 もし腰椎椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症などの腰の疾患だった場合は、高反発マットレスで痛みを緩和できるか聞いてみましょう。 腰痛と言っても人それぞれですので、高反発マットレスが誰にでも効果があるわけではありません。 もし高反発マットレスで改善する可能性があると言われたら、モットンを試してみましょう。 なぜ数ある高反発マットレスの中でもモットンなのかと言いますと、モットンには90日の返金保証期間があるためです。 高反発マットレスもやはり使ってみなければ自分に合っているかどうかまでは分かりません。 購入してまったく改善しなかったなら、マットレスの代金が無駄になってしまいますよね。 合わなければ返金してもらえるというのは安心です。 モットンで痛みが引いたら根本的な治療も同時に進めましょう。 もしモットンで坐骨神経痛がおさまったからと言って、安心してはいけません。 坐骨神経痛になった根本的な原因を解消しなければ、またいつ坐骨神経痛が再発するかわかりません。 きちんとお医者さんの治療を受けて、坐骨神経痛を治すようにしてください。 特に腰椎椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症などは放置しておくと取り返しのつかないことになります。   モットンでの改善は一時的なもの。 治療のための猶予をもらっただけだと考えましょう。 自分の判断で治ったと決めつけずに、しっかり坐骨神経痛の原因を治すように努めてください。 そのためには早期対応が重要ですので、おかしいなと思ったらまずは病院に行きましょう。

モットンはヘルニアの腰痛にも改善効果はある?
モットンは腰痛の改善に効果があると言われていますが、あらゆる種類の腰痛の改善に効果があるのでしょうか?例えば腰痛の原因としてよくあるヘルニアですが、ヘルニアで苦しんでいる人がモットンを使用するとどうなるのでしょう。   ここではモットンがヘルニアによる腰痛に対して、どのような影響をあたえるのかについて紹介します。   モットンでヘルニアが治るということはない はじめに、一番重要な点について説明しておきます。それはモットンを使うことでヘルニアが治るということはないということです。モットンに期待すべきことは、ヘルニアの治療ではなく、ヘルニアによる腰痛を少しでも緩和することができるかどうか、ということになります。   腰痛の原因となるヘルニアは腰椎椎間板ヘルニアと呼ばれるものになります。背骨と背骨の間にある椎間板が、何らかの理由で潰れしてまい、椎間板の内部にある髄核と呼ばれる部分が飛び出して神経を圧迫することがあります。   神経が圧迫されることで、腰が痛くなったり手足がしびれたりする。これが腰椎椎間板ヘルニアです。   モットンで寝ても、椎間板が勝手に修復するなんてことはありません。腰椎椎間板ヘルニアは病院で治療を受けたり、手術などを行ったりすることで回復します。   では腰椎椎間板ヘルニアの人が、モットンで寝ることに意味はないかというとそういうわけではありません。腰椎椎間板ヘルニアの人がモットンで眠ることは、ちゃんとメリットもあるのです。   モットンで寝ることで体は正しい姿勢を保つことができる モットンはそもそも適切な睡眠の姿勢を提供することで、快適な睡眠状態に入ることができる寝具です。   腰椎椎間板ヘルニアの人たちが腰痛に悩まされる多くの原因が、背骨の圧迫による神経の刺激ですから、背骨が圧迫されない状態が必要になります。それがモットンによる、適切な睡眠姿勢と一致します。   腰椎椎間板ヘルニアの人がモットンで寝ることで、正しい姿勢で睡眠ができ、睡眠時の腰痛の原因を遠ざけるという効果が期待できるわけです。   実はこのことはとても重要なことになります。腰痛で苦しんでいる人たちは睡眠時の寝返りのたびに、痛みを感じて起きてしまうことがあります。ところがモットンであれば、寝ている間は常に背骨が正しい位置にあるため、寝返りで痛みを感じることが減ることになります。   その結果、毎日快適な睡眠をとることができ、これまで寝不足気味だった人も精神的なくつろぎを得ることができるのです。   これだけでも腰椎椎間板ヘルニアの人がモットンで寝る、大きな意味があると言えます。   腰椎椎間板ヘルニアの人がモットンを使うときの注意点 腰椎椎間板ヘルニアの人が睡眠時に注意することはほとんどありませんが、気をつけたいのがモットンの上げ下げです。布団のようにモットンを使おうとする人は、通常の敷布団のように毎日モットンの上げ下げを行うイメージをしているかもしれません。   モットンは女性でも持ち上げることができますが、それでも腰椎椎間板ヘルニアの人にとってみれば、かなり危険な行為になります。ヘルニアの場合には、できるだけモットンとベッドを組み合わせて使うようにしてください。   陰干しする際も誰かにお願いするか、腰に負担がかからない状態で行うようにしてください。せっかく腰痛から開放され快適な睡眠を手に入れたのに、メンテナンスで腰痛を悪化させていたのでは意味がありません。ヘルニアの人はモットンの取扱には注意してください。

モットンで腰痛改善が期待できる寝方(寝る姿勢)は?
モットンで寝た人の多くが、腰痛が改善されたと言っていますが、どんな姿勢で寝てもモットンで腰痛改善を期待できるのでしょうか。それともモットンの効果を高めるための寝る姿勢などがあるのでしょうか。   ここでは、モットンで腰痛改善を期待するときの寝る姿勢について見ていきましょう。   モットンの寝る姿勢は仰向けが基本です。 モットンで寝るときは、仰向けで寝ても横向きで寝ても体にとってマイナスということはありません。ただし、横向きで寝る場合はと仰向けで寝る場合では、横向きで寝るほうが腰への負担が3倍も高くなってしまいます。   これは同じ体重であっても受ける面積が、仰向けと横向きで違いますので、受ける面積がより小さい横向きの姿勢のほうが、体重が一箇所にかかりやすいためです。   それではうつ伏せはどうでしょう。   実はモットンに限らず、腰痛持ちにとってうつ伏せでの睡眠が厳禁です。腰が反ってしまい、神経が圧迫されてしまうため、腰痛はさらに悪化することになります。治したい腰痛の原因は、寝具が原因ではなく、このうつ伏せの姿勢にある可能性があります。   寝ているときの姿勢を意識的に変えることはできませんが、うつ伏せの睡眠だけはなんとしてでも改善すべきだと考えてください。   どうしてもうつ伏せでないと眠れない場合の対処法 仰向けがいいと言われても、うつ伏せでないと落ち着かなくて眠れないという人もいるかと思います。その場合はお腹の下側に薄めのクッションや、重ねたタオルなどを敷いておきましょう。少しだけ腰の反りが緩和されるはずです。   腰の痛みが少しでも緩和されたら、ゆっくりと仰向けの睡眠に移行させていきましょう。最初は眠れなくてもいい昼寝などを仰向けで行ってください。昼寝は深く眠る必要もありませんので、仰向けでの睡眠を習慣化させるのに最適です。   うつ伏せでの睡眠では、どうしても背骨が理想的なS字になりにくいため、モットンの効果をそれほど期待できなくなってしまいます。ですので、できるだけ仰向けで寝始める週間を身につけましょう。   横向きで寝ている人の改善方法 モットンは横向きでも背骨がまっすぐになって、腰への負担を少なくして眠ることができます。それでもやはり効果が高いのは仰向けでの睡眠です。横向きでの睡眠は猫背になりやすいという問題もありますので、できれば仰向けにして眠りたいところですよね。   仰向けで眠れない人は枕の高さや硬さがあっていないケースが多く、枕を改善するだけで仰向けの睡眠に移行できることもあります。横向きの姿勢が習慣化してしまっている人は、硬めの枕でしっかりと首をサポートしてくれる枕を選びましょう。   モットンの高反発マットレスに慣れないうちは、仰向けの姿勢は難しいかもしれませんが、モットンを使い続けることで、横向きでも徐々に腰痛は改善していきます。ある程度良くなったと感じたら、そこで仰向けでの睡眠に移行してみましょう。   うつ伏せの睡眠と違い、横向きの睡眠は無理に治す必要はありませんので、仰向けに移行が難しいなと感じたら、そのまま横向きの睡眠を続けましょう。ただし、猫背気味だと感じているならば、できるだけ仰向けの睡眠を心がけるようにしましょう。   猫背も腰痛の原因のひとつですから、仰向けに寝て猫背を解消することで、腰痛の要因をひとつ減らすことになりますので、モットンの効果を最大に引き出すためにも、ぜひ仰向けの睡眠を目指してください。

フローリングにも敷ける?モットンの効果が高いベストな敷き方とは?
  モットンの公式サイトを見てみると、モットンはフローリングに敷いても大丈夫だと紹介されています。他の高反発マットレスに比べて、しっかりとした厚みがあるため、床材を選ばないのがモットンの特徴でもあるのですが、実際のところフローリングでも大丈夫なのでしょうか。   モットンの効果を最大限に活かすためにはどんな敷き方がベストなのか、ここで紹介していきます。   モットンをフローリングに敷くとどうなるか 家にベッドがない場合、モットンを購入するとフローリングや畳に直置きすることになります。畳は柔らかそうですので、モットンを敷いても大丈夫そうですが、フローリングに敷いた場合は、適正な沈み込みを得られるのでしょうか。   モットンの機能面だけ考えた場合は、フローリングにモットンを直接敷いてもまったく問題ありません。   モットンは10cmの厚みがありますので、その厚みでしっかりと体重を支えてくれます。高反発ですので、10cm以上体が沈み込むこともありませんので、ベッドで使ってもフローリングで使ってもその効果は変わりません。   モットンをフローリングに敷くときの問題点は湿気 機能面ではモットンをフローリングに敷くことは問題ありませんし、公式サイトでもモットンの特徴のひとつとしてアピールしています。ただし、まったくノートラブルかというとそうではありません。   モットンをフローリングに敷いたときに問題になるのは湿気です。モットンは通気性の良さがウリですが、それは他のウレタンフォームの高反発マットレスと比較してのこと。モットンもメンテナンスなしで万年床にしてしまうと、カバーにカビが発生します。   人間は寝ている間に200cc近くの汗をかき、その汗はほとんどすべてモットンが受けるのですが、モットンはその汗を溜め込むことなく床側に流します。その結果、床とモットンの境目に水分が溜まり、カビなどの原因になるわけです。   モットンを長持ちさせるための効果的な敷き方 モットンそのものは洗うこともできませんので、モットンを長く使うため、モットンをもっと効果高い使い方をするためにはちょっとしたコツがあります。   まずはモットンのフローリングの直置きをする場合は万年床にせずに、毎日必ず布団の上げ下げをしてください。可能であれば、室内で陰干しするようにしてください。   それでも夏場は蒸れて寝苦しい夜もあるかもしれません。その場合は冷感マットなどを併用して、汗をモットンに吸わせるのではなく、マットに吸わせるようにしてください。   それが面倒に感じる場合は、すのこベッドや普通のベッドを下に敷くようにして、モットンの下面が空気層に触れるようにしましょう。それでも2週間に1度はモットンを裏返して使うようにしてください。   フローリングに敷いてもモットンの効果は得られますが、長く使うための条件としては、決していい状態ではありませんので、少しでも長くモットンを使い、その効果を持続させたい場合は、フローリングに直置きではなく、ベッドなどで通気性を高めるようにしましょう。

モットンは夏暑い?材質を活かした涼しい寝方は?
モットンはウレタンフォームですから、夏は蒸れやすいのでは?そんな疑問を感じるかもしれません。 しかも通常の高反発マットレスは4cm程度の厚みなのに、モットンは10cmもの厚みがあります。そんなに厚くて風通しはどうなのか気になりますよね。   ここではモットンの通気性と、モットンのウレタンフォームを活かした寝方について、分かりやすく紹介します。   モットンは通気性の高いウレタンフォームを採用 モットンはウレタンフォーム使用したマットレスですが、通常のウレタンフォームよりも通気性を重視した作りになっています。一般的なウレタンフォームよりも気泡を大きくし、気泡同士がつながって、空気が流れやすくしているのです。   人間は寝ている間に約200ccもの汗をかくと言われています。通常のウレタンフォームや綿の布団の場合、この汗を吸い込んでしまうため蒸れてしまいますが、モットンの場合は布団内に溜め込まず下へと流れていきますので、寝ているときに蒸れが気になることもありません。   ただし、汗は下に流れますので、定期的に干したり裏返したりしないと、床面のシーツが劣化しやすくなりますので、注意が必要です。   モットンそのものは通気性がよく、蒸れにくい素材ですので、夏でも涼しく使えますが、メンテナンスをしっかりすることが、長く使うためのポイントでもありますので、こまめに陰干しをするようにしてください。   モットンでもっと涼しく寝る方法 モットンは通気性も高いため、夏でも快適に眠ることができますが、それでもやはりある程度の沈み込みがありますので、長時間同じ姿勢だとその部分は蒸れやすくなります。人によっては「寝苦しい」と感じるかもしれません。   そこでモットンでの寝心地を良くするために、冷感パットなどを併用してみましょう。   冷感パッドは、肌触りが涼しくて速乾性が高いため、汗をかいてもすぐにサラサラになります。薄手ですので、モットンの効果を邪魔することもありません。しかも簡単に洗うことができますので、いつでも清潔な状態を保つことができます。   寒い冬は冷感パッドではなく温感パッドを利用すれば、モットンで暖かさを感じることもできます。モットンに1枚プラスすることで夏でも冬でも快適な睡眠が約束されます。   フローリングに直置きしないようにする モットンは厚みがあるので、フローリングに直置きしても快適に眠ることができます。ただし、モットンの床面がフローリングの場合は汗の逃げ場がなくなってしまいます。その結果、モットン下面の湿度が高くなることになります。   この湿度が不快な原因になることもありますので、できればベッドなどを使って、床面が空気に触れられる状態で使用するようにしましょう。   最近はすのこベッドのような通気性を重視したベッドもありますので、部屋のインテリアも考慮して、通気性のいいベッドの上でモットンを使うようにしてみましょう。フローリングに直置きしていたときと比べて、気持ちよい眠りを期待することができます。