モットンと雲のやすらぎ、両方持ってるけど何か質問ある?

運動嫌い・IT系勤務で慢性腰痛歴21年の管理人が、両方の良さと悪さを比較してみました。高反発マットレスや布団選びで迷っている方、参考にしてください。ついでにエアウィーヴも持ってます。

モットン

モットンはぎっくり腰の腰痛にも改善効果はある?

2017/06/20

ぎっくり腰

ある日突然やってくるぎっくり腰。

一度なってしまうと癖になってしまうのか、何度も繰り返してぎっくり腰になってしまいます。

ぎっくり腰の痛みがおさまるまでも辛いですが、いつなるのかとビクビクするのも嫌ですよね。

そんなぎっくり腰はモットンで改善するのでしょうか。

腰痛の改善を期待できるモットンですから、ぎっくり腰にも効果があっても良さそうですよね。

ここではモットンがぎっくり腰にどれくらい効果があるのかについて紹介します。

ぎっくり腰の原因と対処方法

ぎっくり腰は腰椎が瞬間的にズレてしまいますが、次の瞬間には元に戻っている疾患です。

ですので病院に行ってレントゲンを撮っても異常がありません。

骨に異常はないものの筋肉や筋が無理に動かされるため炎症を起こして痛みが発生します。

そのため、ぎっくり腰になったら、とりあえず炎症がおさまるまで横になって休むしかありません。

いつまでも寝ていたのでは回復が遅れるそうですので、少し動けるようになったら日常生活に戻るようにしてください。

ぎっくり腰になってしまったら、そこからはもう体の回復力を期待するしかありませんが、そこで重要になるのが、快適な睡眠をしっかりと取ることにあります。

人間の体は疲労も炎症も寝ている間に大きく回復します。

 

モットンは生理学的に正しい姿勢で眠ることができますので、炎症による痛みを最小限に抑えることができます。

柔らかすぎたり硬すぎたりするマットレスや布団よりも、睡眠による回復を期待できます。

 

モットンがぎっくり腰に最適なのは予防効果

ぎっくり腰になるのにはいくつもの理由があるのですが、下記の3つの理由が多く見られます。

  • 突然の過負荷によるぎっくり腰
  • 筋肉疲労によるぎっくり腰
  • 骨格の歪みによるぎっくり腰

どれか一つだけが原因ではなく、複数の要素が絡み合うこともあります。

例えば筋肉疲労があるときに重いものを持つと、ぎっくり腰の可能性が高くなります。

 

長時間の立ち仕事の後などもぎっくり腰になりやすい状態です。

同じ筋肉ばかりを使ってしまうので、筋肉疲労になりやすいためです。

骨格が歪んでいる場合は、左右バランスが悪くなり片側の筋肉ばかりが疲労してしまいがちです。そこに思わぬ力がかかるとぎっくり腰になるのです。

 

反対にぎっくり腰になりにくい状態というのは、筋肉が十分に休めているときです。

筋肉が十分に休めているのは、しっかりとした睡眠を取れているときですから、モットンを使ってきちんと眠れているときはぎっくり腰になりにくい状態というわけです。

 

モットンはぎっくり腰になった後にも効果的ですが、ぎっくり腰にならないための予防に適しているマットレスになります。

 

ぎっくり腰が癖になっている人にモットンはおすすめです

もしぎっくり腰が癖になっている人がいれば、モットンを試してください。

一人の意見では納得できない方はこちらのページも参考にしてください。

モットン口コミ15人の体験談

 

おそらく現在の寝具では十分な睡眠を取れていない可能性があります。

モットンを利用して、深い眠りと適切な寝返りを促すことで、腰の筋肉の疲労が取れやすくなります。

 

筋肉疲労になっているということは、その筋肉がしっかり休むことができれば、筋力のついた良い筋肉になっている可能性もあります。

「災い転じて福となす」ではありませんが、疲労さえ抜ければ、体は万全の状態になるのです。

 

モットンで寝て、朝起きてこれまでにない腰の軽さを感じられるようであれば、そこからぎっくり腰が再発する可能性は少なくなります。

もちろんモットンが合わない人もいますので、その場合は試用期間で返品すれば、無駄な出費にはなりません。

 

腰に不安がある人はぜひモットンを試してみしましょう。

-モットン