モットンと雲のやすらぎ、両方持ってるけど何か質問ある?

運動嫌い・IT系勤務で慢性腰痛歴21年の管理人が、両方の良さと悪さを比較してみました。高反発マットレスや布団選びで迷っている方、参考にしてください。ついでにエアウィーヴも持ってます。

モットン

フローリングにも敷ける?モットンの効果が高いベストな敷き方とは?

2017/06/20

青い寝室

 

モットンの公式サイトを見てみると、モットンはフローリングに敷いても大丈夫だと紹介されています。他の高反発マットレスに比べて、しっかりとした厚みがあるため、床材を選ばないのがモットンの特徴でもあるのですが、実際のところフローリングでも大丈夫なのでしょうか。

 

モットンの効果を最大限に活かすためにはどんな敷き方がベストなのか、ここで紹介していきます。

 

モットンをフローリングに敷くとどうなるか

家にベッドがない場合、モットンを購入するとフローリングや畳に直置きすることになります。畳は柔らかそうですので、モットンを敷いても大丈夫そうですが、フローリングに敷いた場合は、適正な沈み込みを得られるのでしょうか。

 

モットンの機能面だけ考えた場合は、フローリングにモットンを直接敷いてもまったく問題ありません

 

モットンは10cmの厚みがありますので、その厚みでしっかりと体重を支えてくれます。高反発ですので、10cm以上体が沈み込むこともありませんので、ベッドで使ってもフローリングで使ってもその効果は変わりません。

 

除湿器

モットンをフローリングに敷くときの問題点は湿気

機能面ではモットンをフローリングに敷くことは問題ありませんし、公式サイトでもモットンの特徴のひとつとしてアピールしています。ただし、まったくノートラブルかというとそうではありません。

 

モットンをフローリングに敷いたときに問題になるのは湿気です。モットンは通気性の良さがウリですが、それは他のウレタンフォームの高反発マットレスと比較してのこと。モットンもメンテナンスなしで万年床にしてしまうと、カバーにカビが発生します。

 

人間は寝ている間に200cc近くの汗をかき、その汗はほとんどすべてモットンが受けるのですが、モットンはその汗を溜め込むことなく床側に流します。その結果、床とモットンの境目に水分が溜まり、カビなどの原因になるわけです。

 

モットンを長持ちさせるための効果的な敷き方

モットンそのものは洗うこともできませんので、モットンを長く使うため、モットンをもっと効果高い使い方をするためにはちょっとしたコツがあります。

 

まずはモットンのフローリングの直置きをする場合は万年床にせずに、毎日必ず布団の上げ下げをしてください。可能であれば、室内で陰干しするようにしてください。

 

それでも夏場は蒸れて寝苦しい夜もあるかもしれません。その場合は冷感マットなどを併用して、汗をモットンに吸わせるのではなく、マットに吸わせるようにしてください。

 

それが面倒に感じる場合は、すのこベッドや普通のベッドを下に敷くようにして、モットンの下面が空気層に触れるようにしましょう。それでも2週間に1度はモットンを裏返して使うようにしてください。

 

フローリングに敷いてもモットンの効果は得られますが、長く使うための条件としては、決していい状態ではありませんので、少しでも長くモットンを使い、その効果を持続させたい場合は、フローリングに直置きではなく、ベッドなどで通気性を高めるようにしましょう。

-モットン
-, ,