モットンと雲のやすらぎ、両方持ってるけど何か質問ある?

運動嫌い・IT系勤務で慢性腰痛歴21年の管理人が、両方の良さと悪さを比較してみました。高反発マットレスや布団選びで迷っている方、参考にしてください。ついでにエアウィーヴも持ってます。

モットン

モットンを使っても腰痛が治らない人のパターンとは?

2017/06/20

腰痛

 

モットンを使ったら腰痛が治ったという人もいれば、腰痛がまったく改善されないという人もいます。どうして同じ腰痛でも効果がある人とそうでない人がいるのでしょう?どのような人が、モットンで腰痛が改善されないというのか、その特徴をまとめてみました。

 

試用期間が1ヶ月程度と短すぎるケース

最も多いケースがこれにあたります。インターネットなどを見ていると、1日寝ただけで効果を感じられたというような大げさな書き込みがときどき見られるのですが、基本的にモットンは長期間の仕様でその効果が現れるとしています。

 

実際のところ、モットンは90日間のお試し期間を設けています。

 

なぜ90日も用意しているかというと、人によってはモットンの効果を感じることができるまでに2ヶ月程度の期間がかかる場合があるためです。すぐに結果が出るものなら、お試し期間は1ヶ月でいいはずですが、モットンは約3ヶ月もの猶予があります。

 

それくらい体に馴染むのに時間が掛かるものなのです。ところがインターネットに掲載されているレポートだけを読み、すぐに改善しない自分の状況が不安になって、「私はモットンでは腰痛は治らなかった」となってしまうケースが多いようです。

 

自分の体重に合っていないタイプを使用しているケース

こちらもよくあるケースですが、子どもからモットンをプレゼントされたけど、マットレスの硬さが自分の体重に合っていないと、モットンはその効果を発揮することができません。

 

体重が45kg以下なのに140Nや170Nのタイプを使うと、モットンが体になじまずに、快適な眠りにつくことができなくなります。逆に80kg以上の体重がある人が100Nを使うと柔らかすぎるわけです。

 

モットンは自分の体重にあったものを選ぶようにしてください。プレゼントする場合は、使用する人の体重を確認してからあげるようにしてください。

 

腰痛の原因が布団以外にあるケース

モットンは適切な寝返り回数を促すための布団であって、魔法の布団というわけではありません。どんな病気もこの布団で寝ればすぐに治るとアピールしていれば問題ですが、公式サイトを見ても、きちんと寝返り回数を正常化させることをアピールしています。

 

ということは、これまで使っていた布団に何の問題もなく、寝返りの回数も適正だったけど他の理由で腰痛を抱えている人には効果が出ないということになります。ただし返金保証期間内であれば配送手数料のみ実費で1回だけ交換可能ですので、合わなかったときには交換してもらいましょう。

 

腰痛になる原因のメジャーなものを上げると下記のようになります。

 

  • 筋肉疲労、筋力低下による腰痛
  • 姿勢の悪さによる腰痛
  • 骨の老化による腰痛
  • 内蔵などの病気による腰痛

 

筋肉疲労や筋力低下などにはモットンは効果がありますが、姿勢の悪さは根本を直さなくては改善しませんし、骨の老化は発覚してからでは手遅れになっているケースがほとんどです。そして内蔵などの病気は、病気のそのものを治す必要があります。

 

診察

モットンで腰痛が改善されないときは

上記の例で、モットンで腰痛が改善されないような場合、実は深刻な問題を抱えている可能性があります。腰に負担がかからない状態で寝ているにも関わらず、腰痛が改善されない。2ヶ月以上試用してもまったく改善されない。

 

そんなときは一度病院で診てもらうようにしてください。

 

もちろん何もなく、ただモットンとの相性が悪かっただけという事もありえます。それでも起きるのもつらいような痛みの場合は、その原因を知っておく必要がありますよね。念のため、お医者さんに相談してください。

-モットン
-, ,